おすすめ情報サービス

【徹底比較】モバイルバッテリーのおすすめ人気ランキング54選

必ずチェックするポイント

現代の社会ではスマートフォンは欠かすことのできない必需品となっていますが、その上で大きな弱点となっているのがバッテリーの駆動時間です。
仕事やゲームなど使用頻度が多いとどうしても外出先でバッテリー残量が少なくなってしまいます。

そのような時にモバイルバッテリーを持ち歩いていると非常に便利です。また、モバイルバッテリーは災害など非常時にもスマートフォンの充電に役立ちます。
でもいざ買おうと思っても、たくさん種類がありすぎて何が何だかよくわからないことも多いでしょう。
便利なモバイルバッテリーをいざ購入しようと思った際に、選択する上でのポイントをここでは紹介していきます。

モバイルバッテリーを選ぶ時には、いくつか重視するポイントがあります。
容量がどれくらいあるか、性能はどうか、使いやすい形状か、急速充電が可能かどうかなど、さまざまな点を考慮して、自分の希望に合ったモバイルバッテリーを選ぶ必要があります。

それでは順を追って見ていきましょう。

必ず「PSEマーク」がついているかどうかをチェック

新しくモバイルバッテリーを購入する際にまず第一に確認してほしいのが、SPEマークが付いているかどうかです。
モバイルバッテリーは粗悪品の場合、充電中に滅茶苦茶熱くなるものが多くあります。
それはモバイルバッテリーから機器への充電でも同じでこれは非常に危険を感じます。
なのできちんとPSEマークがついており、制御チップによるコントロールが効いているものを選ぶことが大切です。

また給電の際には一気に電力が送信されることで本体が熱くなり、バッテリーの劣化に繋がってしまうこともあるので、給電に関してもコントロールがきちんと効いているものがおすすめです。

SPEマークは電気用品安全法の基準を満たした製品にのみに付けることが許されている表示です。
数年前から、モバイルバッテリーが原因の火災事故が多数発生しており、それを受け、2019年2月以降、マークが付いてないモバイルバッテリーは、安全性の基準を満たしていないとして、日本では、製造、販売ができなくなりました

SPEのマークの無いモバイルバッテリーは、正規品ではないうえに、火災が発生する危険性もあるので、新しく購入するのは絶対に避けましょう。
しかしながら、PSEの基準が設けられる前、2019年1月以前にSPEマーク無しのモバイルバッテリーを購入された方もいることでしょう。
以前に購入したものは引き続き使用可能ですが、それをオークションなどに出品することは禁止されていますので、気を付けましょう。

モバイルバッテリーの選び方

モバイルバッテリーを新しく購入する時に大切なポイントは三つあり、それは充電スピードの速さ、モバイルバッテリーの容量、そして使用感です。
特に、充電スピードや容量については、知識がなければ、自分で良い物かどうか判断するのは難しいかと思います。
ここでは、購入する際に、どのように充電スピードや容量を確認すれば良いのか、そして、どんなタイプの物が使用感の良いモバイルバッテリーなのか、ご紹介します。
正しい知識で、自分にぴったりのモバイルバッテリーを見つけましょう。

A数を確認して充電スピードが速いものを選ぶ

モバイルバッテリーを利用したスマートフォンの充電で難点となるのが、充電にかかる時間が長いということです。
使いやすく、優秀なモバイルバッテリーと言えば、充電スピードが速いという事ではないでしょうか。
充電スピードは、W(ワット)やA(アンペア)の値で確認できます。
電流が流れる量を示しているA(アンペア)の値が大きければ大きいほど、より速く充電を完了することができます
以前はUSBポートの電圧が固定されていたため、Aの数値でそのまま出力性能を推し量ることができましたが、近年では電圧を高めたものも増えてきているので、Wでスピードを見る傾向になってきています。

また、「USB PD(USB Power Delievry)」や、「QuickCharge」といった、急速充電の規格を採用しているモバイルバッテリーなら、さらに速く充電できます。
「USB PD」を使用すれば100Wまでの受給電が可能となるので、従来できなかったタブレットやパソコンを充電することもできますし、最新の「QuickCharge」は通常充電の約4倍も速く充電を完了することができます
USB PDや、Quick Chargeなどの規格に対応しているデバイスを充電するには、それに対応しているモバイルバッテリーを選ぶ必要があります。
それらの規格の有無を確認してから購入するのが良いでしょう。

充電のスピードは理論的には出力が高ければ高いほど上がりますが、制御されていない出力は充電される側の機器に負担をかけることになり、過充電などによる機器の故障の原因となる場合があります。
そのために充電の供給方法をコントロールする必要があり、それらの規格があるわけです。

2A以上のものがおすすめ

一般的に電流は、2A以上の出力に対応したものがおすすめです。
電流は数値が大きいほど多くの電流を流すことができて出力が安定的になるので、ムラのないスピードで安定的に充電を進めることができます。

また近年ではタブレットなど充電に大きな電力を必要とする機器も増えており、2A以上のものでないと充電できないものもあるので、所持している機器の対応アンペアを確認しておくか、今後のことも考えればなるべく2A以上のものを選ぶようにしましょう。
また、急速充電に対応していない機種もありますので、まずは、ご自分の機種を確認しましょう。

一部のタブレットの場合、モバイルバッテリーの出力電流が小さいと、十分に充電できないデバイスも少なくありません。最大出力が電流が2.0A以上のモバイルバッテリーを選ぶことで、ほとんどのデバイスの充電がスムーズにできるでしょう。また、このように容量が大きいデバイスの場合、フル充電す

もし、早く充電を完了させたいと考えていらっしゃる方がいれば、そのような方にはアンペア数に注目して頂きたいです。複数のモバイルバッテリーを比較して検討してみてください。

USBポートが複数個ある際、出力値の最大or合計出力値を確認

以前のモバイルバッテリーはUSBポートが1つしかないものが主流となっていました。
しかし、近年複数の電子機器を同時に持ち運ぶ方が多くなっています。携帯電話を2台持ちする方も多くいらっしゃいますし、スマートフォンとタブレットやパソコンを同時に持ち運ぶこともしばしばあります。

このため、複数の電子機器を同時に充電することができることが理想的といえ、そのためにはUSBポートが複数ある方がいいです。
複数のUSBポートの、出力値の最大値、もしくは合計値に注目しましょう。
複数のUSBポートを持つモバイルバッテリーには二つの種類があり、各USBポートごとに最大出力値が決まっているものと、全てのUSBポートを使用した時の合計出力値が決まっているものがあります

この時、USBポートそれぞれの最大出力値、もしくは、全てのUSBポートの合計出力値がなるべく高いものを選びましょう。
特に注意が必要なのが、全体の合計出力値が決まっていて、複数のUSBポートを持つモバイルバッテリーです。
最大出力値の合計が4Aだった時、2つのUSBポートを同時に使用すると自動的にそれぞれ2Aの出力になります。
Aの値が高い物を選んでも、一度に複数のデバイスを充電すると、充電スピードが落ちてしまう時もあると覚えておきましょう。

自分が普段持ち歩く電子機器の数も考えながら、できれば2つ以上はUSBポートがあるものを選ぶようにしましょう。

使用用途に合わせた容量(mAh)を選ぶ

モバイルバッテリーの容量とは、例えるならば残量が枯渇しつつあるスマートフォンにどれだけの量の電気を注ぎ込める余裕があるかということを示す数値であり、その容量がそのまま、スマートフォンに充電できる回数に繋がります

一言でモバイルバッテリーと言っても、様々な容量があります。
自分の用途に合った容量の物を選びましょう。
モバイルバッテリーの製品情報の電池の項目には、必ず「〇〇mAh」と記載があり、「mAh」は「ミリ・アンペア・アワー」と読みます。これはバッテリーの容量を示す単位で、一時間の間にどれくらいの電流が流せるのかどうかを表しています。

メーカーで公表している各デバイスのバッテリー容量は、以下になります。
・iPhone 11 Pro max 3696mAh
・iPhone11 3110mAh
・iPhone8 1821mAh
・iPad10.2インチ第7世代 8827mA
バッテリーの容量を知るためには、「〇〇mAh」という表示を確認しましょう。

例えば、1000mAhは、1000mAの電流を1時間流せる容量であることを示しています。
実際には、モバイルバッテリーで充電することのできる容量というのは、表示されている容量よりも少ないとされています。
これは、充電が行われる時に、電気的なロスが発生するからです。一般に、実際充電が可能な容量は、表示されている容量の60%から70%と言われています。
たとえば、表示されている容量が10000mAhのモバイルバッテリーであれば、実際に重要できる容量は、6000mAhから7000mAhということになります。
スマートフォンの1~2回分、10000mAhであれば3~4回分程度の充電をすることができます

軽くて1回充電可能な「5,000mA」

スマートフォンをあまり利用しない方には、容量が「5,000mA」程度のモバイルバッテリーがお勧めです。
約一回、スマートフォンをフルに充電できる容量が、だいたい「5,000mA」です。スマートフォンの充電が切れることはほとんどないけれど、万が一の為に一つ持っておきたいという方は、わざわざ大きくて重い充電器を持つ必要はありません。
容量が少な目でも、軽くて携帯に便利なモバイルバッテリーを選ぶと良いでしょう。

容量の大きさはそのままバッテリーのサイズと重量に関係しているので、容量が少ないほどコンパクトで軽くなり、持ち運ぶには便利です。
最近のスマートフォンのバッテリーは3000mAh以上のものが主流になってきているため、このあたりの容量が最低限と考えておくと良いでしょう。

2回以上フル充電したいなら「10,000mA」以上

外出先でもSNSを頻繁にチェックしたり、動画視聴などをしている訳ではないのに、一日の終わりには充電が無くなってしまう、ゲームや仕事で一日中スマートフォンを触っているという方は、「10,000mA」以上のモバイルバッテリーを選ぶと良いでしょう。
ビジネスなどで頻繁にスマートフォンを利用する人などにも向いている容量です。
また、災害など非常時には1回の充電とは言わず、複数回充電することができるものの方が望ましいです。
そのため、日常的なスマートフォンの使用で一日に何度か充電が必要になるくらいの頻度になる人、大型のタブレットなどはあまり使用せず基本的にスマートフォンを中心とした利用の状況であるならば、一日の間でバッテリーを気にせずに過ごしていくには十分な容量と考えていいでしょう。

「10,000mAh」なら、約2.5回~3.5回、スマートフォンをフルに充電することができます。
前の項目でも述べた通り、基本的にモバイルバッテリーは、容量が多いほど重くなります
自分がどれくらいの頻度でモバイルバッテリーを使用しているかを目安に、できるだけ軽くて使いやすい物を選びましょう。

5回以上のフル充電も!「20,000mA」

日常的に音楽を聴いたり、動画視聴、ゲーム等で常にスマートフォンを使用する方には、「20,000mA」以上の大容量モバイルバッテリーをお勧めします。
市販されているモバイルバッテリーの中で、20000mAh以上のものは大型の部類に入ります。
それだけに大型のタブレットやスマートフォンを複数回続けて充電できるほどの大容量であり、つまり両方をそれぞれに充電することも可能なので、例えばタブレットとスマートフォンの両方を所持して、仕事などで実際に持ち歩く必要がある方などに向いています。

「20,000mAh」のモバイルバッテリーでは、4.5回~7回、スマートフォンをフルに充電することができます
また、飛行機で海外等に出掛ける際、利用する空港によっては、複数個のモバイルバッテリーを持ち込めない可能性があります。容量の大きい「20,000mA」以上のモバイルバッテリーがあれば、一つで何度も充電することができるので、海外旅行に良く行かれる方にも大変お勧めです。

大容量であるため残量を気にせず自由にバッテリーを消費していくことができ、余裕を持って行動できるところも魅力です。

モバイルバッテリーのおすすめ人気ランキング54選

54位

Anker PowerCore Essential 20000 PD

アメリカにおける充電器のトップブランドAnkerによる超大容量の20000mAh。
USB PD対応の急速充電に、Ankerの独自開発による保護システムを搭載し、長期間でも安心して使用し続けることができます。
メッシュ加工された表面はスタイリッシュかつ汚れにくく傷がつきにくく、おしゃれでありながら機能性も高いこだわりのデザインです。
53位

ジョイハウス 24000mAh モバイルバッテリー ソーラーチャージャー

24000mAhの大容量かつ大型のソーラーチャージ機能を備えたモバイルバッテリーです。
特徴的なのはなんと言っても、その一目でわかる大きなソーラーパネル。
キャンプやハイキングなど屋外での使用はもちろん、日常でも日の当たる場所に置いておくだけで自動充電されます。
また災害時などの緊急用のバッテリーとしても役立てることができます。
52位

ボーンコレクション MARVEL マーベル モバイルバッテリー 充電器 6700mAh フィギュア型 Bone collection

大人気のアメリカンコミックMARVELの中からアイアンマン、スパイダーマンのデザインのモバイルバッテリーです。
内蔵バッテリー部分以外のすべてを高品質のシリコンで作っていることで、手触りもよく、耐衝撃性に優れています。
6700mAhの容量はスマートフォン約二回分で、タブレットにも充電可能な2.1Aの高出力は嬉しいところ。
51位

グリーンハウス 乾電池式モバイルバッテリ GH-BTB34A

スマートフォンに充電することのできる乾電池式のモバイルバッテリーです。
また使い捨てだけでなく、充電式の電池にも対応しているため、繰り返し充電が可能なモバイルバッテリーとしても使用することができます。
microUSBケーブルを付属。LEDランプにより通電状態が確認でき、また過電流を防ぐ保護回路機能も備えています。
50位

ディーネットストア 【デバイスネット】「フルーバ furu-ba モバイルバッテリー4000mAh」シリーズ

見ているだけでも楽しい、モバイルバッテリーらしからぬ丸みを帯びたフルーツのデザイン。
軽量、コンパクトなサイズで持ち運びしやすく、4000mAhの容量はスマートフォンなら約一回分以上充電できるので、普段使いなら十分の性能です。
そのかわいらしさが各所で話題となり、テレビ番組など数々のメディアで紹介されています。
49位

ツネオ モバイルバッテリー Qi ワイヤレス充電 10000mAh

ワイヤレス充電としてQi規格を採用しており、対応機種ならばケーブルを挿さなくても置くだけで充電することができます。
ボディには高度的抗酸素難燃材料を使用することにより、放熱効果、省エネルギーを実現しています。
大型のディスプレイにはバッテリー残量や出力効率などの情報が表示され、一目で状態を把握することができます。
48位

Anker Astro E1(アストロ・イーワン)5200mAh A12110

Anker|Astro E1(アストロ・イーワン)5200mAhはモバイルバッテリーに定評のある Ankerの製品です。この製品の特徴は、なんといってもコンパクトなサイズです。このサイズであれば、スーツのポケットのポケットに入れても、違和感やわずらわしさを感じることがありません。独自の技術「PowerIQ」により、急速充電が可能な点も魅力的です。容量は5200mAhで、iPhone XSであれば約1.4回の充電が可能です。
47位

RuiPu モバイルバッテリー24000mah

LCD表示により残り残量を一目で確認できることが特徴のモバイルバッテリーです。
両面に触り心地の良い滑り止めが付いており、落下防止と高級感や親しみやすさを両立させています。
24000mAhという大容量で最大4つのUSBによる給電が可能であるため、外出時でもバッテリー残量が気になることもほとんどないでしょう。
46位

BLUEDOT モバイルバッテリー BMB-51

BLUEDOT|モバイルバッテリーは、約130gという小型で軽量のモデルです。一般的なスマートフォンの重量が大体150gから200gとされているので、スマホよりも軽いということになるので、とにかく軽量にこだわる人にはおすすめのモバイルバッテリーです。小型・軽量であっても、その性能は優れています。USB Type-CとmicroUSBに対応した充電ケーブルが付属していて、最大2.4A出力の急速充電が可能となっています。また、バッテリー残量が分かるLED表示機能も備えています。
45位

ONPRO 10000mAh コンパクト モバイルバッテリー

アジアを中心に絶大な支持を得ている電子機器ブランド、技術力には定評のある「ONPRO」による大容量モバイルバッテリーです。
PSE準拠により安全性は万全で、すべての製品に二年間の長期保証が付いているところも安心です。
アップル社のライトニングコネクターやUSB-C、microUSBに対応しており、QC3.0に対応しているタブレット、スマホならば急速充電も可能になっています。
44位

maxell MPC-CS5000PWH

maxell|MPC-CS5000PWHは、カバンなどにも入れやすい、持ち運びにも便利なスティック型の形状が特徴のモバイルバッテリーです。一部分がフラット面となっているので、机の上などで使う時にも、転がりにくいようになっています。
カラーバリエーションは、ホワイト、ピンク、ネイビーの3色となっています。落下防止のストラップホールが付いているのも特徴で、使いやすい形状のモバイルバッテリーといえるでしょう。
43位

KYOKA 薄型モバイルバッテリー 11200mAh PZXC118F

KYOKA|薄型モバイルバッテリー 11200mAhは、12mmという超薄型のボディが特徴です。充電をしながらスマホと重ね持ちしてゲームをプレイするのに便利です。11200mAhの容量を備え、最大出力2.1Aの急速充電が可能となっています。カラーバリエーションはアルマイトカラーの5色です。LEDライトつきで災害時・停電時などにも安心です。iPhone6sなら約3回・iPadなら約1回フル充電が可能となっています。
42位

ELECOM モバイルバッテリー 充電器 6400mAh DE-M01L-6400

エレコム『DE-M01L-6400』は、2ポートを搭載していて、スマートフォン2台でも同時に充電することができるという、大変使い勝手のいいモバイルバッテリーです。合計2.6A(1ポート最大2.4A)の高出力で、容量の大きいタブレットでも充電することが可能です。モバイルバッテリー本体の充電は、約3時間40分で可能です。また、全7色のカラーバリエーションを備えているのも魅力的なポイントといえるでしょう。
41位

cheero Power Plus 3(パワー・プラス・スリー)13400mAh DANBOARD version CHE-067

cheero|Power Plus 3(パワー・プラス・スリー)13400mAh DANBOARD versionは、モバイルバッテリーといっても、かわいいデザインのものを持ち歩きたい、という人におすすめの機種です。人気マンガ『よつばと!』の登場キャラクター、ダンボーをあしらったデザインですが、容量13400mAhでスマホを大体3回くらい充電することができる大容量を備えています。
オリジナルのポーチも付属してきます。
40位

グリーンハウス モバイル充電器 10000mA GH-BTF100-BK

グリーンハウス|モバイル充電器 10000mAは、見やすい残量表示のディスプレイを備えたモバイルバッテリーです。充電の残量がパーセントで表示されるため、目で見て確かめやすいという点が魅力的といえます。シンプルな形状にデジタル表示がアクセントとなり、スタイリッシュなデザインです。
カラーバリエーションはも豊富で、ブラック、ホワイト、シルバー、ゴールドの4色の中から自分の希望に合ったカラーを選ぶことができます。
39位

ADATA APT100-10000M-5V

ADATA|APT100-10000M-5Vは、容量10000mAhのLEDライトも付いたモバイルバッテリーです。「DC 5V/1A」「DC 5V/2.1A」のデュアルUSBポートを備えています。スマートフォンとタブレットを同時に充電することも可能です。
本体についているLEDライトは、夜間の使用にも使える「通常のLEDライト」や「アクセントライト」、「早い点滅ライト」「遅い点滅ライト」という4つの照明モードがあります。
38位

BLUEDOT BMB-PD101K

BLUEDOT|BMB-PD101Kは、LED4灯によりバッテリーの残量を表示する機能を搭載しているモバイルバッテリーです。容量は、10000mAhとなっています。
USB PD(Power Delivery)2.0対応のUSB Type-C端子を備えていて、スマートフォンやタブレットなどを最大18W出力で急速充電することが可能です。スマートフォンやタブレットをスピーディーに充電したいという人におすすめです。
37位

Anker PowerCore 10000 PD Redux A1239011

Anker|PowerCore 10000 PD Reduxは、USB PD対応のUSB-Cポート(最大18W入出力)とAnker独自技術PowerIQ搭載のUSB-Aポート(最大12W出力)の2つのポートを装備したモバイルバッテリーです。
LEDWheelを2秒間ほど⻑押しすることで、「低電流モード」に切り替えることができます。この「低電流モード」は、イヤホンなどの小型の電子機器の充電に適しています。
36位

RAVPower USB-C モバイルバッテリー 26800mAh RP-PB058

RAVPower|USB-C モバイルバッテリー 26800mAhは、スマホだけでなく、USB PD(USB Power Delivery)に対応したパソコンも充電できる便利なモバイルバッテリーです。パソコンを持ち歩くときに電源を確保するのが難しい時もありますが、スマホとパソコンの両方を充電できるので、大変便利です。
こちらはMacBookを約1回充電することができます。Type-Cポート1つと、USBポート2つを装備していて、3台同時に充電することも可能です。
35位

ADATA P20000D AP20000D-DGT-5V-C

ADATA|P20000Dは、大容量で使い勝手の良いADATAのモバイルバッテリーです。2つののUSBポート搭載していて、合計の最大出力は2.1Aとなっています。スマホなら約6.4回、タブレットなら約1.8回の充電をすることが可能です。急速充電もOKです。電池残量をデジタルディスプレイで正確に確認することができます。アウトドアシーンや災害時などに役立つLED懐中電灯も装備していて、大変便利なモバイルバッテリーです。
34位

Anker PowerCore(パワーコア) 20100 A12710

Anker|PowerCore(パワーコア) 20100は、20100mAhの大容量のモバイルバッテリーです。20000mAhを超えるバッテリーの中ではもっとも小型・軽量という製品です。デザインや形状も、高級感あるマットブラック仕上げで、手で持った時に滑り落ちにくくなっています。
Anker独自の「PowerIQ」と「VoltageBoost」で急速充電をすることができます。2つのUSBポートの出力は合わせて最大4.8Aとなっていて、タブレット2台でも、同時に充電することができます。
33位

BLUEDOT BMB-PD201K

BLUEDOT|BMB-PD201Kは、USB PD(Power Delivery)に対応したUSB Type-C端子を備えたモバイルバッテリーです。最大18Wの出力にで、USB PDに対応するスマートフォンやタブレット、ゲーム機などを急速充電することが可能です。USB Type-A端子はQuick Charge3に対応しているので、同じ規格に対応している機器でも急速充電をすることができます。
32位

Richmond & Finch(リッチモンドアンドフィンチ) LIPSTICK-006

Richmond & Finch(リッチモンドアンドフィンチ)|LIPSTICK-006は、他にはないリップ型のデザインがかわいいモバイルバッテリーです。スウェーデン発メーカーのおしゃれなデザインで、一見モバイルバッテリーに見えないところが、多くの女性に人気です。カラーは、ホワイトマーブル、ピンクマーブル、ブラックの3色です。MicroUSBケーブル、Lightning変換アダプター、USB-C変換アダプターがついています。
31位

ELECOM DE-M04L-3200WF

ELECOM|DE-M04L-3200WFは、約72gという軽さが魅力のモバイルバッテリーです。バッグに入れて持ち歩いても、邪魔にならない小型のサイズが特徴です。
約500回繰り返し使用することができるとされる、充電式のリチウムイオン電池を搭搭載しています。充電・過放電・過電圧・過電流を防止する機能や、短絡保護機能・温度検知保護を備えているので、安全に利用することができ、性能面も大変優れています。
30位

ELECOM AC充電器一体型モバイルバッテリー DE-AC01-N2924

ELECOM|AC充電器一体型モバイルバッテリーは、荷物を少しでも少なくしたい人に最適な、AC充電器つきモバイルバッテリーです。このモバイルバッテリーは、コンセントからの充電ができるだけでなく、2900mAhのバッテリーを内蔵しています。電源プラグ部分は収納することができるので、持ち運ぶ際にも便利です。カラーバリエーションは、シンプルなブラックとブルー、かわいい顔のイラスト入りのホワイトフェイスがあります。
29位

TNTOR 5000mAh 超薄6mm

TNTOR|5000mAh 超薄6mmは、厚さ6mmという薄さが特徴の薄型モバイルバッテリーです。バッグの内ポケットにもすんなり入れて持ち運びやすい、薄さとサイズ感です。いざという時のために、普段からバッグの中に忍ばせて持ち歩いていても邪魔になることがないでしょう。ただし、充電ケーブルは別売りとなっています。購入してすぐに使いたいという時には、充電ケーブルが必要となるので、用意しておくことが必要です。
28位

KEDRON 大容量モバイルバッテリー KEN1JP01

KEDRONの特徴は何といってもバッテリー容量です。モバイルバッテリーには珍しく24000mAhの大容量を備えてあります。これであれば海外など長時間の旅行であっても安心して過ごすことが可能でしょう。USBポートは3つ内蔵されているので、複数の端末を同時に充電する方にはおすすめのモバイルバッテリーと言えます。また、このモバイルバッテリーはどのようなデバイスにも対応していてなんでも充電することができるのがメリットと言えます。
27位

Anker Astro E1 A1211022

この商品もまたAnkerというモバイルバッテリーではお馴染みとなっているブランドのものです。容量は5200mAhと比較的大きめとなっているので、スマートフォンやタブレットの使用頻度が高く、複数回の充電が想定される方には向いている商品といえます。また、価格がリーズナブルなこともうれしいことで、学生でも手を出しやすい商品となっています。ただし、このモバイルバッテリーにはUSBポートが1つしかないので複数の端末の同時充電を行うことはできません。
26位

Anker PowerCore Fusion 5000 AK-A1621021

Ankerはモバイルバッテリーではお馴染みのブランドとなっています。このためユーザーからの信頼性も高いものがあります。このモバイルバッテリーは5000mAhと大容量のバッテリーとなっています。ただバッテリー容量が大きいとそのモバイルバッテリーを充電するために時間がかかってしまうのではないかと感じられるのではないでしょうか。しかしこのモバイルバッテリーの場合は大容量バッテリーにもかかわらず、すぐに充電することができます。
25位

Be-charming 持ち運び急速充電器 Q88-T5-02

Be-chamingは比較的重量があるモバイルバッテリーで522gあります、ただ普段カバンに入れて持ち歩く分には全く負担にはなりません。このモバイルバッテリーの利点はバッテリー残量も表示方法です。一般的にバッテリー残量は目盛りで表示されるモバイルバッテリーの方が多いですが、このモバイルバッテリーの場合、数字で表示されるようになっています。パッと見ただけでモバイルバッテリーの残量を知ることができ便利です。そして、USBポートが3つあるので、複数の電子機器を同時に充電する方にはおすすめです。
24位

SONY モバイルバッテリー 5000mAh CP-V5BA

二十三位とういう低めにランキングされたのが、こちらのSONYの「モバイルバッテリー 5000mAh」です。
スタイリッシュなデザインですし、重さも133グラムと軽く、薄型なので持ち運びにはかなり便利な商品です。
しかしながら、他の製品に比べて圧倒的に充電スピードが遅めでした。値段や実用量も悪くは無いのですが、同じような商品を購入するのであれば、絶対的に、充電スピードが速い物を選んだ方が良いでしょう。
23位

才谷屋 モバイルバッテリー 8000mAh

残念ながら最下位になってしまったのが、この、才谷屋の「モバイルバッテリー 8000mAh」です。
最下位になってしまった大きな要因は、パッケージに表示されている容量と、実際の実容量がかなり違ったという点です。
パッケージでは、8000mAhの大容量とありますが、検証で実用量を計測した結果、実容量はなんと2668mAhでした。この容量ですと、最新のスマートフォンを一回フルに充電できるかどうかも微妙なところです。また大きくて重いので持ち運びが大変なのと、値段の高さも評価を下げる要因となりました。
22位

TSSIBE 大容量モバイルバッテリー B07C9RD95C

KEDRONの特徴は何といってもバッテリー容量です。モバイルバッテリーには珍しく24000mAhの大容量を備えてあります。これであれば海外など長時間の旅行であっても安心して過ごすことが可能でしょう。USBポートは3つ内蔵されているので、複数の端末を同時に充電する方にはおすすめのモバイルバッテリーと言えます。また、このモバイルバッテリーはどのようなデバイスにも対応していてなんでも充電することができるのがメリットと言えます。
21位

Arjan モバイルバッテリー 10000mAh ARD-104

この、Arjanの「モバイルバッテリー 10000mAh」も、二十三位SONYと同様に、充電スピードの遅さで順位を落としました。
丸みを帯びたフォルムが可愛らしく、合皮のような質感で持っている時も滑りにくいデザインです。USBポートも二つついていて、10000mAhでこのお値段というのも、かなりお買い得だと思います。
しかしながら、充電の遅さでイライラするくらいなら、もう少し高くても、充電スピードの速い物を選んだ方が良いでしょう。
20位

Hmwr モバイルバッテリー 20000mAh

Hmwr の「モバイルバッテリー 20000mAh」は実用量が12085mAhと大容量でした。
充電スピードも速く、また、バッテリーの残量が何%か表示されるタイプで、機能面ではとても良い商品なのですが、427グラムという驚きの重さで順位を下げました。
比べた二十四商品中一番重いです。
分厚く、持ち運びにも向いていませんし、スマートフォンに重ねて使用した場合も、かなり手の負担になるでしょう。
19位

ダイソー モバイルバッテリー

残念ながら最下位になってしまったのが、この、才谷屋の「モバイルバッテリー 8000mAh」です。
最下位になってしまった大きな要因は、パッケージに表示されている容量と、実際の実容量がかなり違ったという点です。
パッケージでは、8000mAhの大容量とありますが、検証で実用量を計測した結果、実容量はなんと2668mAhでした。この容量ですと、最新のスマートフォンを一回フルに充電できるかどうかも微妙なところです。また大きくて重いので持ち運びが大変なのと、値段の高さも評価を下げる要因となりました。
18位

Willcom モバイルバッテリー 5000mAh LCC050-11CRM

二十三位とういう低めにランキングされたのが、こちらのSONYの「モバイルバッテリー 5000mAh」です。
スタイリッシュなデザインですし、重さも133グラムと軽く、薄型なので持ち運びにはかなり便利な商品です。
しかしながら、他の製品に比べて圧倒的に充電スピードが遅めでした。値段や実用量も悪くは無いのですが、同じような商品を購入するのであれば、絶対的に、充電スピードが速い物を選んだ方が良いでしょう。
17位

isファクトリー モバイルバッテリー 10000mAh YiLLU1001-BK

この、Arjanの「モバイルバッテリー 10000mAh」も、二十三位SONYと同様に、充電スピードの遅さで順位を落としました。
丸みを帯びたフォルムが可愛らしく、合皮のような質感で持っている時も滑りにくいデザインです。USBポートも二つついていて、10000mAhでこのお値段というのも、かなりお買い得だと思います。
しかしながら、充電の遅さでイライラするくらいなら、もう少し高くても、充電スピードの速い物を選んだ方が良いでしょう。
16位

TABTAB ALPHA LING 10000mAh W-07

TABTABの「ALPHA LING 10000mAh」は使用感がとても良かったです。
充電用ケーブルが本体と一体化しています。薄くて軽く、持ち運びにはとても便利でしょう。また、USBポートが二つあり、充電スピードも申し分ありません。
しかしながら、残念なことに、パッケージには10000mAhと記載されているのに、実際には半分以下の4858mAhしか実容量がありませんでした。
記載の数値に比べて、あまりにも実容量が少ないので、このような順位になりました。
15位

SELEN モバイルバッテリー 10000mAh SCA10000MB

この、Arjanの「モバイルバッテリー 10000mAh」も、二十三位SONYと同様に、充電スピードの遅さで順位を落としました。
丸みを帯びたフォルムが可愛らしく、合皮のような質感で持っている時も滑りにくいデザインです。USBポートも二つついていて、10000mAhでこのお値段というのも、かなりお買い得だと思います。
しかしながら、充電の遅さでイライラするくらいなら、もう少し高くても、充電スピードの速い物を選んだ方が良いでしょう。
14位

Anker PowerCore Lite 10000 AK-A1232011

十六位はAnkerの「PowerCore Lite 10000」です。
ここで初めて、業界大手のAnkerの製品が登場しました。
そこまで重くなく薄いので、使用感は良いです。ただし、充電スピードがいまいちでした。
五つ検証したAnker商品の中では最下位なので、せっかくAnkerを買うなら、充電スピードも満足のいくものを購入しましょう。
13位

REDHILL モバイルバッテリー 10000mAh

この、Arjanの「モバイルバッテリー 10000mAh」も、二十三位SONYと同様に、充電スピードの遅さで順位を落としました。
丸みを帯びたフォルムが可愛らしく、合皮のような質感で持っている時も滑りにくいデザインです。USBポートも二つついていて、10000mAhでこのお値段というのも、かなりお買い得だと思います。
しかしながら、充電の遅さでイライラするくらいなら、もう少し高くても、充電スピードの速い物を選んだ方が良いでしょう。
12位

machino omise モバイルバッテリー 10000mAh

この、Arjanの「モバイルバッテリー 10000mAh」も、二十三位SONYと同様に、充電スピードの遅さで順位を落としました。
丸みを帯びたフォルムが可愛らしく、合皮のような質感で持っている時も滑りにくいデザインです。USBポートも二つついていて、10000mAhでこのお値段というのも、かなりお買い得だと思います。
しかしながら、充電の遅さでイライラするくらいなら、もう少し高くても、充電スピードの速い物を選んだ方が良いでしょう。
11位

TSUNEO モバイルバッテリー 10000mAh PB-01

この、Arjanの「モバイルバッテリー 10000mAh」も、二十三位SONYと同様に、充電スピードの遅さで順位を落としました。
丸みを帯びたフォルムが可愛らしく、合皮のような質感で持っている時も滑りにくいデザインです。USBポートも二つついていて、10000mAhでこのお値段というのも、かなりお買い得だと思います。
しかしながら、充電の遅さでイライラするくらいなら、もう少し高くても、充電スピードの速い物を選んだ方が良いでしょう。
10位

BUFFALO モバイルバッテリー 6700mAh BSMPB6720P1BK

十二位からは充電のスピードが速い商品ばかりです。
BUFFALOの「モバイルバッテリー 6700mAh」は、下位の商品よりも充電のスピードが格段に速いです。
手のひらサイズで軽いので、持ち運びに便利です。充電量の表示などの機能はありませんが、この軽さ、充電の速さ、コンパクトさはポイントが高いです。
しかし残念だったのが、実用量が記載の半分以下ということです。実容量3156mAhと表示の値よりはかなり少ないですが、小さいサイズで、スマートフォンを一回充電できれば十分という方なら、購入する価値があるかもしれません。
9位

RAVPower クイックチャージ モバイルバッテリー RP-PB043

RAVPowerの「クイックチャージ モバイルバッテリー」の強みは、実容量が11191mAhと、大容量であることです。
実容量に加えて充電スピードも申し分ない速さです。しかしながらサイズが大きく、重いことで、順位を少し下げてしまいました。
重さの気にならない方には良いかもしれませんが、ランキング上位に、この実容量を上回る商品があるので、容量重視の方は、わざわざこの商品でなくても良いような気もします。
8位

cheero Power Plus 4 CHE-095

この商品も、全ての性能で良い値を出した、優秀モバイルバッテリーです。
充電スピードが速く、実容量が8376mAhもあります。ただし、本体の充電は、Type-Cケーブルのみでしか行えないので、Type-Cケーブルを日常的に使用している人向けの商品です。Type-Cケーブルを使用する、iPad Proなどをお持ちの方にとっては便利な商品です。
7位

Poweradd Pilot X7 20000mAh

実用量が、二十四商品中ナンバーワンだったのが、Poweraddの「Pilot X7 20000mAh」です。
12854mAhと、実容量の値が大きく、これ一つで最新のスマートフォンも四回以上、タブレットも一回以上充電可能です。
367グラムと、重さはありますが、これほど大容量のモバイルバッテリーにしては軽い方だと思います。
6位

Anker PowerCore Fusion 5000 A1621011

五位は、コンセントに差し込んで充電可能な、Ankerの「PowerCore Fusion 5000」です。
コンセントプラグが付いているので、ACアダプタ代わりにもなります。充電スピードと実容量の評価は普通ですが、決して悪くはないです。
持った感じが心地よい、マットな質感で、小さめなサイズでそんなに重くありません。ACアダプタを持ち歩く必要がなくなると思うと、更に便利な感じがします。
5位

maxell 大容量モバイル充電バッテリー MPC-CW10000BC

余分な機能がなくシンプルながら、全ての性能が優秀だったのが、maxellの「大容量モバイル充電バッテリー」です。
充電スピードが速く、実用量も5993mAhあります。重量も180グラムと軽量です。
手のひらにも収まるサイズなので、持ち運びにも便利だと思います。
ただ、シンプルな作りなので、ケーブル内蔵などの機能が欲しい方は、少し物足りなさを感じるかもしれません。
4位

Anker PowerCore Speed 10000 QC A1266011

QC(クイックチャージ)に対応しているデバイスをお持ちの方にぜひ使っていただきたいのが、Ankerの「PowerCore Speed 10000 QC」です。
驚きの充電スピードを体験していただけるはずです。スピードに加えて、十分な実容量を持ち合わせており、さらには、三千円という衝撃のお値段です。
マットな質感の手触り、持ち運びに便利なコンパクトさなど、使用感も申し分ありません。
3位

RAVPower 6700mAh モバイルバッテリー RP-PB060

コンパクトさと充電の速さが、全二十四商品で一位の商品です。
ダイソーのモバイルバッテリーの次に軽い商品でもあります。持ち歩いても全く負担になりません。表示されている容量に比べて、実容量が3103mAhと、かなり少なかったので、若干順位を下げてしまいました。しかしながら、3000mAh以上ならば、スマートフォンを簡単にフルに充電できます。
この容量で問題ない方には、ぜひお勧めしたい商品です。
2位

Apple mophie powerstation 6000

栄えある第一位に輝いたのは、Appleの「mophie powerstation 6000」でした。
十分な実容量なのに、156グラムと軽量です。さらに薄型で、持ち運びに便利な事間違いありません。
アイフォン用のLightningケーブルで、アイフォンへの充電はもちろん、モバイルバッテリー本体を充電することもできます。
実容量の検証では全商品中二位という好成績で、充電スピードも高評価でした。
1位

Anker Anker PowerCore II 10000 A1230011

第三位はAnkerの「Anker PowerCore II 10000」です。
この商品は、容量の変換ロスが全商品中最も低かったのが特徴です。パッケージに書かれている容量数値の、約70%もの実容量がありました。
ほぼ全てのスマートフォンをを二回以上充電できる容量があり、充電スピードも十分速いです。
そんなに重くなく持ち運びしやすい重量で、コンパクトでもあり、マットな質感も、触り心地が良いです。

モバイルバッテリーの比較一覧表

54位
53位
52位
51位
50位
49位
48位
47位
46位
45位
44位
43位
42位
41位
40位
39位
38位
37位
36位
35位
34位
33位
32位
31位
30位
29位
28位
27位
26位
25位
24位
23位
22位
21位
20位
19位
18位
17位
16位
15位
14位
13位
12位
11位
10位
9位
8位
7位
6位
5位
4位
3位
2位
1位
商品名 PowerCore Essential 20000 PD 24000mAh モバイルバッテリー ソーラーチャージャー MARVEL マーベル モバイルバッテリー 充電器 6700mAh フィギュア型 Bone collection 乾電池式モバイルバッテリ 【デバイスネット】「フルーバ furu-ba モバイルバッテリー4000mAh」シリーズ モバイルバッテリー Qi ワイヤレス充電 10000mAh Astro E1(アストロ・イーワン)5200mAh モバイルバッテリー24000mah モバイルバッテリー 10000mAh コンパクト モバイルバッテリー MPC-CS5000PWH 薄型モバイルバッテリー 11200mAh モバイルバッテリー 充電器 6400mAh Power Plus 3(パワー・プラス・スリー)13400mAh DANBOARD version モバイル充電器 10000mA APT100-10000M-5V BMB-PD101K PowerCore 10000 PD Redux USB-C モバイルバッテリー 26800mAh P20000D PowerCore(パワーコア) 20100 BMB-PD201K LIPSTICK-006 DE-M04L-3200WF AC充電器一体型モバイルバッテリー 5000mAh 超薄6mm 大容量モバイルバッテリー Astro E1 PowerCore Fusion 5000 持ち運び急速充電器 モバイルバッテリー 5000mAh モバイルバッテリー 8000mAh 大容量モバイルバッテリー モバイルバッテリー 10000mAh モバイルバッテリー 20000mAh モバイルバッテリー モバイルバッテリー 5000mAh モバイルバッテリー 10000mAh ALPHA LING 10000mAh モバイルバッテリー 10000mAh PowerCore Lite 10000 モバイルバッテリー 10000mAh モバイルバッテリー 10000mAh モバイルバッテリー 10000mAh モバイルバッテリー 6700mAh クイックチャージ モバイルバッテリー Power Plus 4 Pilot X7 20000mAh PowerCore Fusion 5000 大容量モバイル充電バッテリー PowerCore Speed 10000 QC 6700mAh モバイルバッテリー mophie powerstation 6000 Anker PowerCore II 10000
特徴 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
最安値 - 詳細を見る - 詳細を見る - 詳細を見る - 詳細を見る - 詳細を見る - 詳細を見る - 詳細を見る - 詳細を見る - 詳細を見る - 詳細を見る - 詳細を見る - 詳細を見る - 詳細を見る - 詳細を見る - 詳細を見る - 詳細を見る - 詳細を見る - 詳細を見る - 詳細を見る - 詳細を見る - 詳細を見る - 詳細を見る - 詳細を見る - 詳細を見る - 詳細を見る - 詳細を見る - 詳細を見る - 詳細を見る - 詳細を見る - 詳細を見る - 詳細を見る - 詳細を見る - 詳細を見る - 詳細を見る - 詳細を見る - 詳細を見る - 詳細を見る - 詳細を見る - 詳細を見る - 詳細を見る - 詳細を見る - 詳細を見る - 詳細を見る - 詳細を見る - 詳細を見る - 詳細を見る - 詳細を見る - 詳細を見る - 詳細を見る - 詳細を見る - 詳細を見る - 詳細を見る - 詳細を見る - 詳細を見る
商品リンク

使い勝手のよさで選ぶ

容量や充電スピードも大切ですが、モバイルバッテリーは常に持ち歩く物ですので、使いやすい物を選びましょう。
一番容量があって、充電スピードが速かったとしても、普段から持ち歩くカバンが小さくて、そこに入らないくらい大きな物では、購入する意味がありません。あくまでも、持ち歩きやすく、使いやすい物を選ぶことが大切です。
最近では、大きさやデザインも様々なものが発売されています。ここでは特にお勧めの、使いやすい三つの機能についてご紹介します。

持ち運びやすいのは薄型で150g前後のもの

モバイルバッテリーはそもそも外出時に持ち歩くことを前提に作られている商品です。
ですから外出時に持ち運びしやすいものが理想的です。
モバイルバッテリーを選ぶ時に重要なポイントとして、「重さ」や「形状」もあります。
いくら容量が多く、性能がいいモバイルバッテリーだとしても、あまりに重ければ、持ち運ぶことが不便になってしまいます。

また、形状によっては、使いづらいものもあります。日常的に使いたいモバイルバッテリーだからこそ、容量や性能ももちろん重要ではありますが、重過ぎないということや、自分が使いやすい形状のものを選ぶことが大切です。
モバイルバッテリーは、容量は多ければ多いほどいいと思う人もいるかもしれませんが、容量が増えると、どうしてもモバイルバッテリー自体の重さやサイズが大きくなってしまうという難点があります
それで面倒になってしまい、あまり持ち歩かないようになっては元も子もないですよね。

逆に容量が小さいと、モバイルバッテリー自体は小さく軽量になる傾向があります。
できれば軽い物が良いとは思いますが、容量と持ち運びやすさのバランスが自分に合っている物を選びましょう。
特にここでお勧めするのは、150グラム前後の薄型の物を選ぶことです。
一日持ち歩いても疲れない重さが150グラム前後だと言われています。

一般的なスマートフォンの重量が大体200gと言われていますが、同じ200g程度、またはそれ以下の重さであれば持ち運びが便利です。
また、モバイルバッテリーを使用する時に、スマートフォンの下に重ねて持ちたいという方も多いと思います。
そんな方は、軽めで、そして幅が多少あっても薄型の物の方が、間違いなく使いやすいです。

バッテリーのタイプで選ぶ

モバイルバッテリーはその名の通りバッテリーそのものが中心となっている製品です。

バッテリーとは電気を貯めておくところ。身近なところで言えば乾電池もバッテリーの一種です。
モバイルバッテリーはその名の通りバッテリーそのものが中心となっている製品です。
モバイルバッテリー自体の充電形式にも色々な種類があります。
基本的には大きく分けてコンセントタイプ・乾電池タイプ・充電タイプなどがあり、それぞれに長所と短所があるので、日常のライフタイルから自分モバイルバッテリーを必要とする目的、使いたいシチュエーションなどを考えて、使い方に合ったものを選ぶことが肝心です。
またタイプによってその仕様上から、ラインナップの多い容量の傾向や価格にも違いがあるので、そこも注意が必要です。

ACアダプタにもできるコンセントタイプ

コンセントに直接さして充電できる、便利なモバイルバッテリーが発売されています。
コンセント一体型のタイプはモバイルバッテリーとしてだけでなく、そのままコンセントとスマートフォンをつなげることで通常の充電器と同様に使用することもできるのが魅力です。
コンセントに直接挿し込んで使用することができるため、他の充電器や変換器などを持ち歩く必要がなく、これ一つで済ませられるので旅行の時などに便利です。

最近では、テーブルにコンセントが設置されているカフェにやファミリーレストランも多くあります。このタイプのモバイルバッテリーを持っていれば、これをACアダプタ代わりに利用できるので、モバイルバッテリーの他に、コンセントからの直接充電用のACアダプタを持ち歩く必要がありません。
ケーブルはあるのに、ACアダプタが無くてコンセントからの充電ができない、という事もなくなります。
大容量のタイプが多くラインナップされているのも魅力ですが、価格的には高めのものが多くなります。

乾電池タイプ

内蔵バッテリーの代わりに、市販の乾電池を入れることで充電に利用するタイプです。

使い捨て乾電池を使用する場合、繰り返し充電は出来ず一度きりですが、電源のない場所でもコンビニやスーパーなどで乾電池を購入すればすぐ使えるところがメリットです。
ただし容量は乾電池に準拠するため多くはなく、普段使いのモバイルバッテリーとしては頼りないですが、災害などの緊急時や、残量がわずかながらあと少しだけスマホを利用したい時などには頼りになります

乾電池タイプは主に緊急時や、バッテリー残量は少ないがあと少しだけスマートフォンを使う必要がある、といった時などに手軽な予備のバッテリーとして使えるところが便利です。
容量こそ大きくはありませんが、どこでも乾電池さえ購入できればすぐ充電器として機能させられるという点で魅力です。
乾電池があれば電源や充電の時間も必要ないという点でも便利ですね。
そして大きさと重さもほぼ乾電池に準拠しており、非常にコンパクトで軽量という点も特徴的です。

乾電池自体にも使い捨てだけでなく二次電池があり、そちらを使用すれば繰り返し充電して利用することも可能になります。

充電タイプ

USBケーブルなどを利用してあらかじめ充電しておいて使用するタイプのモバイルバッテリーです。
何度も充電を繰り返し使える大容量のタイプもあり、バリエーションが多くあるのが魅力です。
価格もコンセント一体型のモバイルバッテリーに比べると低めのものが多くなっていますが、充電するためにはスマートフォン用の充電器などと接続することが必要となるため、日常的にスマートフォン用の充電器を持ち歩いているような方にオススメのアイテムです。

外部への充電用に使われる内蔵バッテリーは、基本的にそれ自体もまた別の電源から充電するもので、そうしたタイプのバッテリーを「二次電池」と呼ぶこともあります。
使い捨ての乾電池のように一度使ったら終わりのものが一次電池、こうした充電して何度も繰り返し使えるものが二次電池です。

ソーラータイプ

ソーラー、つまり太陽光の発電によって充電ができるタイプです。

アウトドアなど、屋外での活動が多い場合には太陽さえ出ていれば電源やコンセントなどが無くてもどこでも充電できるのが便利です。
ただしソーラー自体の発電力は技術的にはまだそこまでではないので、日頃から太陽に当てて予め充電させておくのが現実的な使いかたでしょう。

しかし最近では性能も上がってきており、電気代がかからずエコロジーでいつでもどこでも充電できるというのはやはり魅力的です。

コンパクトに持ち運ぶなら本体とケーブルが一体化しているもの

充電用ケーブルを持ち運びたくない方には、ケーブルがモバイルバッテリーと一体化しているタイプの物がお勧めです。
長いケーブルを持ち運ぶ必要がないだけで、カバンの中がかなりスッキリします。
ただし、モバイルバッテリーの種類によっては、付属ケーブルのスマートフォンへ差し込むプラスチック部分が大きく、スマートフォンのケースが引っかかってしまう場合もあります。
ご自分のケースを付けた状態のスマートフォンに合うかどうかをしっかり確認してから購入するようにしましょう。

充電機能以外の便利機能にも注目

以前のモバイルバッテリーといえば、ただ充電機能が備わっているだけのものが多く、不便な思いをすることも多かったのですが、近年は改良が重ねられより便利なモバイルバッテリーが市場に出回っています。
例えばLEDライトが内蔵されているものがあります。
これによって災害などの非常時に照明として利用することができます。
また、防水機能がついているものもあります。
外出先では水をかぶってしまうリスクが上がってしまうので、このような機能があると便利です。

コネクタで選ぶ

コネクタは現在では純電する側がMicroUSB、給電する側はUSB-Aであるものが最も普及していますがMicroUSBは強度の点で不安があり、最近では次世代のUSB規格であるUSB-C(Type-C)に対応したものが増えてきています

USB-Cはデータ転送の高速化、電力の高出力化だけでなく、コネクタ部分の強化や、上下どちらでも挿し込めるなどの工夫もあり、需要は急速に伸びているため、まだ機器によって対応の有無は分かれるもののできればUSB-Cを基準として選ぶのが良いでしょう。

また、近年ではワイヤレスによる充電という、従来の常識では信じられないような種類のものが登場してきています。
ワイヤレス、つまりケーブルなど何も使わずに近くに置くだけで電気が充電されていくというちょっとびっくりする話ですが、今後ワイヤレスによる充電が一般的になってくれば、街中でスペースをとらずに充電を可能にできたり、夢は広がりますね。

USBタイプ

従来のUSBによってケーブルをつないで充電するタイプで、現在のほとんどはこの方式によって充電しています。
USBの規格やコネクター種類が豊富にあるため合う合わないなど、やや煩雑なところはありますが、年々規格は更新されており、使いやすく充電スピードも上がっています。
また規格の整備も順次行われているので利便性は向上していて、まだしばらくはUSB規格によるケーブル接続で充電するのが主流という傾向は続いていくでしょう。

ワイヤレスタイプ

ケーブルなどの物理的な接続をせずに充電をするタイプです。
仕組みとしては、給電する側のコイルに電流を流すことで磁束を生じさせ、受電する側のコイルに電流を流すことで充電されていく「電磁誘導方式」が現在市販されている機器のワイヤレス充電のほとんどになっています。

ワイヤレス充電の規格としては「Qi(チー)」が最も普及しており、iPhoneシリーズなどがこれを採用しています。
ケーブルを接続しなくても充電できることがメリットですが、現在はまだ対応機種が限られています。

飛行機内持ち込みの注意点

飛行機に乗る場合は、国内線・国際線にかかわらずモバイルバッテリーは荷物の中に預けることはできず、機内に持ち込むようの手荷物に入れていかなければなりません

これは過去にバッテリーによる発火事故の事例などがあり、飛行機を重大な事故から守るための措置です。

そして機内持ち込みをする際にも容量の制限があり、国によって違いはありますが、基本的に25000mAh以内のものであれば、大抵は機内に持ち込むことができます。

カテゴリ

家電 エアコン、扇風機・スポットクーラー、ヒーター・こたつ、加湿器・空気清浄機

キッチン 冷蔵庫・保温庫、炊飯器・保温ジャー、電子レンジ・オーブン、やかん・ポット・ケトル、浄水器・炭酸水メーカー、茶器・湯呑、ワイングラス・オープナー、カクテルグラス・シェーカー、ウィスキーグラス、ビールグラス・サーバー、日本酒グラス・酒燗器、焼酎グラス・サーバー、コーヒーカップ・メーカー、ミキサー・ブレンダー、ホットプレート・ホットサンドメーカー、ホームベーカリー・燻製器、調理家電、コンロ・レンジフード、鍋、フライパン、包丁・まな板・砥石、キッチンスケール・タイマー・温度計、調味料入れ、ミル・スライサー・缶切り、調理器具、製菓型・ケーキづくり、ラップ・トレイ、弁当・水筒、エプロン、テーブルクロス・ふきん、食器洗浄・シンク、食器、保存容器・食材スタンド、グラス・マグカップ、カトラリー、使い捨て食器、キッチン収納

浴室用品・石鹸 浴室用品、石鹸・シャンプー関連

洗濯用品・アイロン 洗濯機・乾燥機、洗濯洗剤・柔軟剤、洗濯用品、アイロン

掃除用品 風呂掃除、キッチン掃除、掃除機・高圧洗浄機、フローリング掃除、掃除道具、害獣・害虫対策

パソコン・スマホ パソコン・スマホ・タブレット、ディスプレイ・モニターアーム、PCラック・スタンド、スマホ・タブレットケース、マウス・キーボード、記録メディア、PCパーツ、PCカバー・バッグ、モデム・ルーター、アダプタ・ケーブル・充電器、VR・AR、PCマイク・カメラ、保護フィルム・アクセサリ

テレビ・オーディオ テレビ、録画・再生機器、電話・無線機、ヘッドホン・イヤホン、スピーカー・アンプ、音楽プレーヤー・ラジオ

カメラ 一眼レフカメラ・レンズ、ミラーレス一眼・レンズ、その他カメラ、三脚・一脚、カメラバッグ、カメラストラップ、撮影機器、防湿庫・ブロアー、フォトフレーム・フィルムスキャナー

旅行用品 スーツケース・パッキング、機内グッズ、旅行グッズ

ビューティー・ヘルスケア ティッシュ、タオル・ハンカチ、トイレ用品、生理用品、喫煙グッズ、虫除け・虫刺され、日焼け・汗対策、ネイルケア、アイケア・コンタクトレンズ、口内ケア・歯ブラシ、ドライヤー・ヘアアイロン、ヘアケア、ボディケア・ハンドクリーム、シェーバー・脱毛器、プロテイン・サプリメント、介護用品、ピルケース・マスク・カイロ、救急箱・応急処置グッズ、アロマ・お灸、マッサージ機、体重計・体温計

コスメ・化粧品・美顔器 美顔器、洗顔料・クレンジング、化粧水・美容液、ベースメイク・フェイスメイク、アイメイク

文房具・オフィス用品 筆記具、はさみ・カッター・シュレッダー、のり・接着剤、定規・コンパス、テープ・結束具、ノート・メモ帳、手帳・カレンダー、アルバム・写真、ファイル・バインダー、封筒・はがき・レター用品、ラッピング・梱包材、スタンプ・印鑑、電卓・電子辞書・オフィス機器、プリンター・スキャナー・コピー用紙、帳簿・事務書類、書類収納、セミナー・会議・販促用品、額・画鋲・賞状、電池

画材・手芸・学用品 学用品、書道、画材、原稿用紙・ブックマーカー、裁縫道具・ミシン、裁縫材料、編み物、刺繍、レザークラフト、陶芸、ビーズ・アクセサリー作り

防災・防犯 救助・避難グッズ、防災グッズ、防犯グッズ

キャンプ・登山・釣り BBQ、キャンプ用品、登山・トレッキング、クライミング、フィッシング

スポーツ 自転車・サイクリング、フィットネス・トレーニング、ランニング・マラソン、ヨガ、野球・ソフトボール、サッカー・フットサル、テニス・スカッシュ、バドミントン、卓球、バスケットボール、バレーボール、ゴルフ、水泳、マリンスポーツ、スキー・スノーボード、格闘技、武道、ダンス、スケートボード、その他スポーツ

ベビー・マタニティ ベビーシューズ、授乳グッズ、離乳食グッズ、食事グッズ、抱っこ紐・スリング、ベビーカー・チャイルドシート、おむつ・トイレ、バスグッズ、衛生用品、ベビー寝具、ベビー家具、ベビー用セーフティー用品、ベビー用おもちゃ、メモリアルグッズ、マタニティウェア、マタニティー用品

おもちゃ・ホビー カードゲーム・トレーディングカード、ボードゲーム、ビリヤード・ダーツ、知育玩具・パズル、サバゲ―・エアガン、水遊び・花火、フィギュア・プラモデル・ジオラマ、昔のおもちゃ、電動おもちゃ、ごっこ遊び、室内遊具、室内おもちゃ、野外おもちゃ、パーティー・コンサートグッズ

文芸書

DVD・CD DVD・ブルーレイソフト

花・観葉植物 花・植物・植木鉢、家庭菜園・栽培、農具・農業機械、剪定用具

工具 電動・エア工具、測定工具、切断工具、接着・接合工具、締付・固定工具、大工道具、安全・保護用品

インテリア 建築・住宅資材、塗装・壁装、DIY、住宅用設備、エクステリア、ガーデン、ベッド、布団・ブランケット、マットレス・シーツ、枕、ソファ・ソファベッド、テーブル・机、イス・チェア、ライト・照明、カーテン、ラグ・カーペット・マット、クッション、鏡、本棚、収納家具、収納グッズ、ハンガー・ラック、ゴミ箱、時計・温度計、インテリア雑貨

ファッション バッグ、ポーチ・バッグインバッグ、スーツ・ビジネスバッグ、ドレス・タキシード・バッグ、財布・定期入れ、キーホルダー・キーケース、傘・レインウェア・ブーツ、日傘・サングラス、マフラー・手袋・耳あて、アクセサリー、腕時計、着物・浴衣・和装小物、水着・プール用品、ヒール・パンプス、ブーツ・ブーティ、サンダル・ミュール、シューケア・アクセサリー、インナー・下着、靴下・タイツ・ストッキング、トップス、コート・ジャケット

ペット 犬、猫、小動物、鳥、熱帯魚・観賞魚、昆虫・爬虫類・両生類

プレゼント・ギフト ギフト、お祝い・アニバーサリー・季節、誕生日プレゼント、お土産

自動車 カーナビ・カーエレクトロニクス、ドラレコ、シート・カバー・マット、カーアクセサリ、カーパーツ・セキュリティ・緊急用品、洗車・掃除用品、タイヤ・工具・メンテナンス用品

バイク バイクウェア・バッグ・プロテクション、バイクアクセサリ、バイクパーツ・タイヤ

楽器・音響機器 ピアノ・電子ピアノ、ギター・ギター周辺機器、ベース・ベース周辺機器、ウクレレ、その他弦楽器、ドラム、ハーモニカ・オカリナ、金管楽器、木管楽器、打楽器、DJ機材、DTM、マイク・ボーカルエフェクター、アンプ・スピーカー、チューナー・メトロノーム、ベル

食品・ドリンク ビール・発泡酒、日本酒・焼酎、洋酒・リキュール、ワイン、水・お茶・ソフトドリンク、製菓・製パン材料、調味料・スパイス・油、タレ・ドレッシング、乾物、米・雑穀・粉類、スイーツ・お菓子、麺類、缶詰・加工食品、冷凍食品、パン・シリアル・ジャム、お取り寄せグルメ

おすすめ情報サービス

COPYRIGHT© 2020 LeadingTech Inc. ALL RIGHTS RESERVED.